Join Live-Holonics

お知らせ

2012年01月19日

【News】 東山研究総括が2012年1月19-20日にJapan-Australia Symposium on Plant Sciences for Agricultureで講演します

東山研究総括が2012年1月19-20日に北海道大学で開催される、Japan-Australia Symposium on Plant Sciences for Agricultureにおいて講演を行います。

日時: 2012年1月19・20日
発表: 2012年1月19日 16:45 - 17:15
場所: 北海道大学

詳しくはシンポジウムのウェブサイトをご覧ください。

2012年01月04日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年も打開笑門福自来、楽しんで研究し、いい結果に結び付けられるよう一歩一歩進んでいけたらと思います。

今年も東山ライブホロニクスプロジェクトをよろしくお願い致します。

120101_nennga.jpg

2011年12月20日

【News】 ERATO東山ライブホロニクスプロジェクト公募情報(2件)

ERATO東山ライブホロニクスプロジェクトでは、現在研究員の公募を行っております。

詳細は以下のサイト(JREC-IN)をご覧ください。

   1・ナノ工学グループ(データ番号:D111090618) 募集期限 2012年3月31日

   2・生物系(光技術G・オミクスG, データ番号:D111100471) 募集期限 2012年1月10日
  
生物系の募集期限が迫ってきておりますので、応募をお考えの方はご注意ください。
どちらも決定次第締め切りますので、ご了承下さいますようよろしくお願い致します。

皆様の応募をお待ちしております。

2011年12月15日

【News】 東山研究総括が12月15日に分子生物学会において発表します

2011年12月13日から16日まで、パシフィコ横浜で開催されている日本分子生物学会で発表を行います。

日時:2011年12月15日(木) 9:30~
場所:第1会場(メインホール)
タイトル: Live Cell Biology of Pollen Tube Guidance and Double Fertilization

ご興味のある方は、ぜひご来聴下さい。
 

2011年12月10日

【News】 東山研究総括が12月10日にイメージングフロンティア研究部門設立記念シンポジウム(東京理科大)において特別講演を行います

東山研究総括が2011年12月10日に東京理科大学で開催される、イメージングフロンティア研究部門設立記念シンポジウムにおいて「ライブセル解析の最前線と暴かれる花の秘密」という演題で特別講演を行います。

日時:平成23年12月10日(土)午後1時~午後7時半(参加無料)
場所:東京理科大学野田キャンパス・カナル会館3階会議室

お近くの方は、是非ご参加ください。

2011年11月01日

【News】 新田英之さんがナノ工学グループのグループリーダーとして着任されました

2011年11月01日

【News】 「工学技術グループ」から「ナノ工学グループ」へ名称変更しました

2011年10月31日

【News】 工学技術グループリーダーの加地さんがプロジェクトを脱退し、名古屋大学大学院工学研究科の准教授に就任されます!

10月末日をもって、工学技術Gのクループリーダーでした加地さんが、本プロジェクトを脱退しました。
11月1日付で名古屋大学大学院工学研究科の准教授になられます。

IMG_3142-2.jpg

短い間でしたが、お疲れ様でした。
工学研究科でのますますのご活躍を期待しています!

2011年10月14日

【News】 東山研究総括が奈良先端大学でセミナーを行いました

東山研究総括が、2011年10月14日に奈良先端科学技術大学院大学において、「ライブセル解析で迫る花粉管ガイダンスと重複受精の仕組み」というタイトルでセミナーを行いました。

2011年09月12日

【News】 日本植物学会第75回大会においてシンポジウム「多細胞生物におけるホロニックコミュニケーション ~生物科学における新しいフロンティア~」を開催します

ERATO東山ライブホロニクスプロジェクトでは、2011年9月17日~19日に開催される日本植物学会第75回大会において、「多細胞生物におけるホロニックコミュニケーション~生物科学における新しいフロンティア~」と題したシンポジウムを開催します。

<プログラム> 発表は英語となります

多細胞生物におけるホロニックコミュニケーション
   ~生物科学における新しいフロンティア~


ERATO東山ライブホロニクスプロジェクト共催

Organizer: Tetsuya Higashiyama
       (Nagoya Univ.; Higashiyama Live-Holonics Project, ERATO, JST)

9:30 - 9:35
 INTRODUCTION

9:35 - 10:05 1aB01
Tetsuya Higashiyama (Nagoya Univ.; Higashiyama Live-Holonics Project, ERATO, JST)
What is the holonic communication?

10:05 - 10:35  1aB02
○Kylee Peterson, Keiko Torii (University of Washington)
      Positional control of stomata development.

10:35 - 11:05 1aB03
○Hirokazu Tsukaya (Univ. Tokyo), Gorou Horiguchi (Rikkyo Univ.)
Organ-level control of leaf size via cell-cell communications.

11:05 - 11:35 1aB04
Shigeru Kondo (Osaka Univ.)
Skin pattern formation as a live Turing wave in animals.

11:35 - 12:00
GENERAL DISCUSSION

<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Copyright (C) Higashiyama Live-Holonics Project All rights reserved.