Join Live-Holonics

研究ブログ

2012年03月30日

お疲れ様でした

本日でERATO東山ライブホロニクスプロジェクトの第1年度が終了します。
今年度は引越し・立ち上げ・機器の整備・研究員の充足などを中心に、ナノ工学・光技術・オミクスの各グループが少しずつ融合して研究をスタートし始めた年となりました。

来年度は4月から研究員が4名、技術補佐員が1名仲間に加わり、さらにパワーアップして研究を推し進めていく年にしていきたいと思います。
20120330_1.jpg
ということで、さっそく新メンバー分も足して。
人が増えるということを実感する瞬間ですね~。


一年間ありがとうございました。
また来週より、よろしくお願い致します。
 

2012年03月27日

フュージョン!

3月23~24日に、名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム「グリーン自然科学国際教育研究プログラム」主催、名古屋大学革新ナノバイオデバイス研究センター・ERATO東山ライブホロニクスプロジェクト共催の国際シンポジウム、”Nanobiotechnology meets Holonic Communication”が開催されました。
(写真が多いので、組み写真でどうぞ。クリックで拡大されます。)
L大学院組み写真.jpg

シンポジウムはというと、Plenary Lectureとして4名の海外研究者を招聘し、またInvited Lectureとして3名の国内研究者、Young Researcherとして理・工・農の大学院生7名、Special Lectureとして基礎生物学研究所の岡田清孝教授に来ていただき、とても面白い講演をしていただいたようです。
(残念ながら、私自身は受付やその他に忙殺されて講演を聞くチャンスがほとんどありませんでしたが。)

シンポジウムのタイトルにもあるように、今回は”Nanobiotechnology”と”Holonic Communication”が出会うシンポジウムでしたので、お互いの研究領域が現在どのような研究をしているのか?そこに何か新しい研究分野となるようなきっかけはないだろうか?っということを模索するような会でした。

シンポジウム初日の懇親会では、オーガナイザーの馬場先生より、「今後はmeetだけでなく、お互いの研究分野(と人)がfusionしていければいいですね」という言葉をいただきました。
今回のシンポジウムをきっかけに、理学・農学・工学、それぞれの得意分野を活かして、どんどんfusionしていければいいですね。

ということで、まずはヒトからfusionを!!
IMG_5131re.jpg
 

2012年03月26日

祝・卒業式

本日は、名古屋大学の卒業式です。

ERATOには学生がいませんので、卒業式とはいえ何事もなく一日が過ぎていくのですが、
東山研から巣立つM2の3人組が挨拶に来てくれました。
振袖に袴・スーツ姿はとてもキレイでかっこよくて晴れ晴れしかったです。
DSC_0916re.jpg

そんな3人も4月からは社会人です。
是非東山研で培った経験を、それぞれの就職先で役立てて欲しいと思います。

Copyright (C) Higashiyama Live-Holonics Project All rights reserved.